気まぐれ写真工房 new

※ カメラマン必見! EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM が無残な姿に・・・

※ 新潟県長岡市・越後丘陵公園

カメラマン必見!、花火やイルミネーション撮影で三脚を使う季節です、他人事ではないかもしれません
あなたのカメラやレンズがこんな事にならない様に、注意してください

私が気にってる大事なレンズ、Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM が無残な姿になりました
若い頃から趣味で写真を撮ってきましたが、こんな事は初めてです
信じられない姿です、こんな姿見たくなかったです・・・(泣)

話がかなり長くなります、時間の無い方は、後半「・・・教訓です!」の部分からお読みください

d0353401_21193951.jpg

d0353401_21194737.jpg

d0353401_21195899.jpg



ちょうど1年前の、2016年8月19日午後7時54分頃の事です
国営越後丘陵公園でイルミネーション撮影中でした
過去に何度もここで撮影してます、もちろん夜の撮影なので三脚は使っていました
ただし、三脚の使用を制限しているイベント会場も有るので、事前に確認した方が良いと思います

残念ながらこの写真が、このレンズの最後の撮影となりました

人通りが無くなったタイにングに、三脚を3段に伸ばして通路中央で撮影したものです
写真でわかるように、通路の明るさも十分で、足元が良く見える状況でした

2017年9月8日 2016年 越後丘陵公園 サマーナイトプレゼンツ(8)
d0353401_21205538.jpg


この写真の撮影後、カメラが付いたままの三脚をも短く縮めて低い状態にして
雲台の下部が、通路左側のロープに掛かる位目いっぱい通路の左側に寄せて置きました
後に管理事務所に確認したところ、アーチ外側の左右に張ってあるのロープ間隔は、1.7mだったそうです


次にどこを撮ろうかと周囲を見回し、約1分間くらい目を離していた時
突然、私の後ろで「あ~」っと言う声がして、カメラと共に三脚が倒れました
倒れたというより、通路の左側ロープから右側のロープの下まで蹴飛ばされてしまいました
結果、レンズが写真の様な状態になってしまいました、見た時はものすごいショックでした


若いカップルの男性が、「ごめんなさい」「ごめんなさい」と誤っていました
私も初めて目にするレンズの無残な姿、しばらくボー然としていて「泣きたいくらいです」っと一言
どの様にすると1.7mも飛ばされるのか、カメラとレンズと三脚合わせるとかなり重いはずです
通路も、三脚とカメラが見えないほど暗くは無く、十分足元が見えていたはずなんですが・・・

三脚を倒れる前の位置に戻した時
男性と一緒にいた女性の方に「カメラは大丈夫ですか?」っと聞かれたので
別のレンズを付けて撮影した結果、カメラに問題なかったの「カメラは大丈夫です」っと答えました

周囲は芝生だったのでカメラに傷も無く、問題有りませんでしたが・・・
私はこの後も撮影を続けたかったので、相手の名前と電話番号を聞き
その場で相手に電話をかけて、番号が間違いないことを確認しました
「明日電話します」と言ってその場を離れ、別のレンズを付けて撮影を続けました


ここからの記事は、相手との話の内容等を記録したものから抜粋して作成してます

翌日、その男性に電話をしたら、同じ人とは思えないほど、とんでもない態度に激変・・・
当日は隣に女性がいた為、おとなしい性格のふりをしたのかもしれません、豹変しました

イルミネーション撮影は夜なので、三脚を使って撮影する事は、私にとっていつもの事ですが
その男性は、三脚を使っているカマラマンたちをバカにするような事を何度も私に浴びせ続けました
その言葉は、三脚を使っているカメラマン、三脚を売っているカメラ店、三脚を作っているメーカー等
その人達を侮辱している様にも私には聞こえました

確かに一般の人は、スマホや携帯などで気軽に撮っています、それなりに撮れる事も分かっています
日中はもちろん、花火やイルミネーション、夜景などをいろんな所で撮ってます
デジイチでも、高感度に設定すれば手持でも撮れる事は分かっています

手持ち撮影で、意識的にブラした花火やイルミネーション撮影、・・・私も時々そんな撮影をします
明るい繁華街などをコンデジで気軽に手持ち撮影する事は、珍しいことではありません
ですが、イルミネーションなどの夜間撮影は、三脚を使ってしっかりと撮影する事を原則としています
皆さんもそうだと思うのですが、三脚使用時は周囲の人の邪魔にならない様に気を使っています

「Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」は、年金生活の私にとって高額なレンズです
簡単には買えません、

その後、何度も相手に連絡したのですが、話が付きません、電話を無視された事も数回有りました
相手の男性も、故意に壊したとは思いませんが、一部でも負担してもらえればと思って交渉したんですが

・・・全ての記録内容の話は長すぎるので省略してます

最終的に「私は1円も払う気はありません!」っとはっきりと相手の男性に言われました

地元警察には2回相談に行きました、警察は民事不介入で有る事は分かっていましたが・・・
弁護士に電話相談1回、直接会って相談1回、いずれも相手を訴えれば弁護費用がそれなりに掛かります
その事も相手は分かっていて「それでも訴えますか」っと開き直られました

残念ながら私の考えが甘かった、相手と交渉する事をあきらめるしかありません!
世の中にはこんな人間がいる事が良く分かりました、高い授業料を払ったと思うしかありません

d0353401_21353025.jpg

・・・教訓です!
(1)この様な事が起きた場合、免許証等で必ず相手の名前、住所、電話番号をその場で確認する事
  場合によっては「内容証明書」が必要になる為、上記は必ず確認した方が良い
(2)電話番号はその場で記録や携帯などに登録し、通話確認する事、筆記用具は必ず携帯する事
(3)免許証と現在の住所が違う場合、現在の住所も確認する事、場合によっては勤務先も確認
(4)その場に第三者がいた場合、その人の名前や住所、電話番号を確認する事
(5)今回の様な場所で起きた場合、管理事務所などに両者で相談に行く事、この場合
  解決はしませんが、そのような問題で相談に行った事を記録や記憶してもらう為にも行った方が良い
(6)警察は民事不介入である事、訴えた場合裁判費用がそれなりにかかる事等を前提に考える
  ただし相手が故意に行った場合、たとえ相手が酒に酔っていた時でも被害届を提出する事が出来ます
(7)相手との話の内容や、警察等に相談に行った事等を、忘れないうちに出来るだけ詳しく記録する事
  ちなみに私は、当日の事から相手からの最後の連絡迄の約30回分を、A4で5ページ分記録しました
  記録内容は全ての日時や、相手の名前や話の内容、警察や弁護士等との相談内容です



皆さんが私と同じ様な事態になった時、上記内容を思い出してください
私は2度と同じ目にあいたくありません、被害者にも加害者にもなりたくないです!

三脚使用は夜だけとは限りません、日中でもマクロ撮影の時等は使用します

又、花火会場で三脚を高く伸ばした状態でその場を離れている間に、風などで倒れて
近くにいた子供の頭あたり怪我をして、救急車で運ばれた事故の話も聞いています
お互いに、三脚の使用は周囲の状況やマナーを守って使いましょう




[PR]
by nekosan68 | 2017-08-19 00:00 | 国営越後丘陵公園 | Comments(1)
Commented by tad64 at 2017-09-05 13:03
ご無沙汰しておりました。
今日この内容を拝見して驚いています。本当に悪夢でしたね。
その時レンズの状況を当人に見せてその場で賠償金としていくばくかでも取っておければよかったですが、その時はそこまで気持ちの余裕は無かったでしょうね。
因みに私のカメラ友達に聞いた話ですが火災保険の付帯時候に物品の破損等も保障されるのがあるので万一のときは念のため確認するべきと教えてくれました。
どのような契約条項で入っておられるか知りませんが、だめ元で確認されては如何ですか。